君子は能なきことを病う

子曰、君子病無能焉、不病人之不己知也、

子の曰わく、君子は能なきことを病(うれ)う。人の己れを知らざることを病えず。

現代語訳

先生がおっしゃった。君子は自分に能が無いことを心配する。人が自分を知ってくれないことなど、心配しない。

憲問第十四・三十二

前の章「君子、義以て質と為し」|次の章「君子は世を没えて名の称せられざることを疾む

現代語訳・朗読:左大臣光永