君子は世を没えて名の称せられざることを疾む

【古典・歴史】メールマガジンはこちら

子曰、君子疾没丗而名不稱焉、

子の曰わく、君子は世を没(お)えて名の称せられざることを疾(にく)む。

現代語訳

先生がおっしゃった。君子は生涯を終えてから、自分の名が唱えられないことを苦痛とする。

語句

■疾(にく)む 苦痛とする。

【古典・歴史】メールマガジンはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>