人の己を知らざることを患えず

子曰、不患人之不己知、患己無能也、

子の曰わく、
人の己を知らざることを患えず、
己の能なきを患う。

子の曰わく、
人の己を知らざることを患えず、
己の能なきを患う。

現代語訳

先生がおっしゃった。
「世の中の人が自分を理解してくれない…
そんなこと気にするヒマがあったら
自分の能力が足りないことのほうを気にしなさい。」

前の章「子貢、人を方ぶ」|次の章「詐りを逆えず

現代語訳・朗読:左大臣光永