仲尼は日月(じつげつ)なり

叔孫武叔、毀仲尼、子貢曰、無以爲也、仲尼不可毀也、他人之賢者、丘陵也、猶可踰也、仲尼日月也、無得而踰焉、人雖欲自絶、其何傷於日月乎、多見其不知量也、

叔孫武叔(しゅくそんぶしゅく)、仲尼(ちゅうじ)を毀(そし)る。子貢が曰わく、以て為すこと無かれ。仲尼は毀るべからざるなり。他人の賢者は丘陵(きゅうりょう)なり、猶お踰(こ)ゆべきなり。仲尼は日月(じつげつ)なり、得て踰ゆること無し。人自ら絶たんと欲すと雖ども、其れ何ぞ日月を傷(やぶ)らんや。多(まさ)に其の量を知らざるを見るなり。

現代語訳

魯の大夫・叔孫武叔が仲尼(孔子)を悪く言った。子貢が言った。そのようなことを言うのはおよしなさい。仲尼を悪く言うことはできませんよ。他の人が優れているというのは、せいぜい丘のようなものです。越えることは難しいができなくはありません。孔子の優れているのは太陽や月のすばらしさです。もはや人間に超えることなど不可能です。自分から拒絶しようとしても、どうして太陽や月を損なうことができましょうか。その身のほど知らずをさらけ出すだけです。

語句

■自ら絶つ 自分から拒絶する。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>