如し其の情を得ば、則ち 哀矜して喜ぶこと勿かれ。

孟氏使陽膚爲士師、問於曾子、曾子曰、上失其道、民散久矣、如得其情、則哀矜而勿喜、

孟氏、陽膚(ようふ)をして士師たらしむ。曾子に問う。曾子の曰わく、上其の道を失いて、民散ずること久し。如(も)し其の情を得ば、則ち 哀矜(あいきょう)して喜ぶこと勿かれ。

現代語訳

魯の大夫孟氏が、曾子の弟子の陽膚(ようふ)を司法官の長に任命した。そこで陽膚はこの役割の心構えについて、師である曾子に質問した。曾子が言った。上に立つ者が道を失ったため、民の心が離れてしまってから久しい。もし犯罪の実情をつかんだ時は、その事情に同情して悲しむことだ。自分の手柄と喜んではならない。

語句

■孟氏 魯の大夫。 ■陽膚 曾子の弟子。 ■士師 司法官の長。 ■民散ずる 民の心が離れてしまっていること。 ■哀矜 悲しむ。 ■喜ぶ 自分の聡明さによる手柄だと喜ぶ。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>