徳を執ること弘からず、道を信ずること篤からずんば

子張曰、執徳不弘、信道不篤、焉能爲有、焉能爲亡、

子張が曰わく、徳を執(と)ること弘(ひろ)からず、道を信ずること篤(あつ)からずんば、焉んぞ能く有りと為さん、焉んぞ能く亡しと為さん。

現代語訳

子張が言った。徳を守ること広くはなく、道を信じること篤くも無いならば、そういう中途半端な者は、いてもいなくても同じだ。

語句

■徳を執(と)る 徳を守る。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>