飽くまで食らいて日を終え…

子曰、飽食終日、無所用心、難矣哉、不有博奕者乎、爲之猶賢乎已、

子の曰わく、飽くまで食らいて日を終え、心を用うる所なし、難いかな。博奕(はくえき)なる者あらずや。これを為すは猶お已(や)むに賢(まさ)れり。

現代語訳

先生がおっしゃった。腹いっぱい食べて日を終え、何も考えない。こういうのは困ったものだね。すごろくや囲碁というものがあったか。ああいうことでも、何もしないよりはましだ。

語句

■博奕 「博」はすごろく。「奕」は囲碁。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>