知はこれに及べども仁これを守ること能はざれば…

子曰、知及之、仁不能守之、雖得之、必失之、知及之、仁能守之、不莊以涖之、則民不敬、知及之、仁能守之、莊以涖之、動之不以禮、未善也、

子の曰わく、知はこれに及べども仁これを守ること能(あた)はざれば、これを得ると雖ども必らずこれを失う。知はこれに及び仁能くこれを守れども、荘以てこれに涖(のぞ)まざれば、則ち民は敬せず。知はこれに及び仁能くこれを守り、荘以てこれに涖めども、これを動かすに礼を以てせざれば、未だ善ならざるなり。

現代語訳

先生がおっしゃった。知恵は十分であっても仁を守り失わないことができなければ、人民の支持を一時的に得ても、必ずこれを失う。知恵はこれに十分で仁を守り失わないといっても、威厳ある態度で人民に接しなければ、人民は敬服して従わない。知恵は十分であり仁をよく守り失わず威厳ある態度であっても、人民を動かすのに礼をもってしないと、まだ良いとは言えない。

語句

■守 これを守って失わない。 ■荘 威厳ある態度。荘厳な態度。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>