学ぶに如可ざるなり

子曰、吾嘗終日不食、終夜不寝、以思、無益、不如學也、

子の曰わく、吾れ嘗(かつ)て終日食らわず、終夜寝(い)ねず、以て思う。益なし。学ぶに如可ざるなり。

現代語訳

先生がおっしゃった。私はかつて一日中食べず、一晩中寝ないで思ったことがある。しかし、何の得るところもなかった。自分勝手に思うより、先人の知恵を学ぶほうがずっと得るものが多く安全だ。

為政第二・十五章「学んで思わざれば則ち罔し」

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>