躬自ら厚くして、薄く人を責むれば

【古典・歴史】メールマガジンはこちら

子曰、躬自厚而薄責於人、則遠怨矣、

子の曰わく、躬(み)自ら厚くして、薄く人を責むれば、則ち怨みに遠ざかる。

現代語訳

先生がおっしゃった。自分を厚く責めて、薄く人を責めれば、(自分の身は厳しく修養され、しかも人は従いやすいから)自然と怨みから遠ざかる。

【古典・歴史】メールマガジンはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>