己れを脩めて以て敬す

子路問君子、子曰、脩己以敬、曰、如斯而已乎、曰、脩己以安人、曰、如斯而已乎、曰、脩己以安百姓、脩己以安百姓、堯舜其猶病諸、

子路、君子を問う。子の曰わく、己れを脩めて以て敬す。曰わく、斯くの如きのみか。曰わく、己れを脩めて以て人を安んず。曰わく、斯くの如きのみか。曰わく、己れを脩めて以て百姓(ひゃくせい)を安んず。己れを脩めて百姓を安んずるは、堯・舜も其れ猶お諸(こ)れを病めり。

現代語訳

子路が君子について質問した。

先生がおっしゃった。「自分を修養してつつしみ深くする」

子路が言った。「そのようなことだけで君子となりえますか」

先生がおっしゃった。「自分を修養してつつしみ深くして、そのよい影響を周りに及ぼし、まわりの人を安らかにする」

子路が言った。「そのようなことだけで君子となりえますか」

先生がおっしゃった。「自分を修養してつつしみ深くして、そのよい影響を周りに及ぼし、最終的には天下万民を安らかにする。自分を修養してつつしみ深くして、そのよい影響を周りに及ぼし、天下万民を安らかにすることにかけては、聖天子として知られる堯・舜も、なかなかうまくいかず、心を砕いたのだ」

語句

■己れを脩める 自分を修養する。 ■敬す つつしみ深くする。 ■堯・舜 古代の理想的な政治を行った王。儒家の理想とする君主。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>