原壌、夷して俟つ

原壌夷俟、子曰、幼而不孫弟、長而無述焉、老而不死、是爲賊、以杖叩其脛、

原壌、夷して俟(ま)つ。子の曰わく、幼にして孫弟(そんてい)ならず、長じて述(の)ぶること無く、老いて死せず。是れを賊と為す。杖を以て其の脛(はぎ)を叩(う)つ。

現代語訳

先生の幼馴染の原壌が、孔子が来ると聞いて、あぐらをかいて待っていた。先生がおっしゃった。「幼い時は年長者への礼儀もわきまえず、大きくなってもこれといった善いこともせず、年取ってしかも死んでいない。こういうのを泥棒と言うのである!」

先生は杖でもって原壌の脛を叩いた。

語句

■原壌 孔子の幼馴染。母が死んだ時木に登って歌った。 ■夷 うずくまって。あぐらをかいて。立膝で。 ■俟 待つ。 ■孫弟 年長者に仕えること。 ■述ぶること無し 称すべき善行が無いこと。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>