直きを以て怨みに報い、徳を以て徳に報ゆ

【古典・歴史】メールマガジンはこちら

或曰、以徳報怨、何如、子曰、何以報徳、以直報怨、以徳報徳、

或るひとの曰わく、徳を以て怨みに報いば、何如(いかん)。子の曰わく、何を以てか徳に報いん。直きを以て怨みに報い、徳を以て徳に報ゆ。

現代語訳

ある人が言った。「徳をもって怨みに報いたら、どうでしょうか」

先生がおっしゃった。「では何をもって徳に報いるのですか。まっすぐな公平さをもって怨みに報い、徳には徳をもって報いるべきです」

【古典・歴史】メールマガジンはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>