桓公、諸侯を九合して、兵車を以てせざるは、管仲の力なり

子路曰、桓公殺公子糾、召忽死之、管仲不死、曰、未仁乎、子曰、桓公九合諸侯、不以兵車、管仲之力也、如其仁、如其仁、

子路が曰わく、桓公、公子糾(きゅう)を殺す。召忽(しょうこつ)これに死し、管仲は死せず。曰わく、未だ仁ならざるか。子の曰わく、桓公、諸侯を九合して、兵車を以てせざるは、管仲の力なり。其の仁に如(し)らんや、其の仁に如かんや。

現代語訳

子路が言った。「桓公が弟の公子糾を殺しました。その時公子糾に仕えていた召忽は殉死しましたが、同じく公子糾に仕えていた管仲は死なず、主君の敵・桓公に仕えました。管仲は道義に反したことをしたのですから、仁ではないでしょうね」

先生がおっしゃった。「桓公が諸侯の盟主となった時、武力を用いなかったのは、管仲の力である。どうして管仲が仁でないことがあろう。殉死しなかったことなど問題ではない。どうして管仲が仁でないことがあろう」

語句

■公子糾 桓公の弟。兄という説も。 ■管仲・召忽 公子糾に仕えていた。公子糾が死んだ時召忽は殉死し、管仲は主君を殺害した桓公に仕えた。 ■諸侯を九合 諸侯の盟主となって

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>