邦に道あれば、言を危しくし行を危しくす

子曰、邦有道、危言危行、邦無道、危行言孫、

子の曰わく、邦に道あれば、言を危(はげ)しくし行を危しくす。邦に道なければ、行を危しくして言は孫(したが)う。

現代語訳

先生がおっしゃった。君子も臣下も聡明でよく国が治まり、道が行われている時は、遠慮なく発言したり行動したりする。(どんなに遠慮なく発言したり行動したりしても、それが正しい内容ならば受け入られるからである)

一方、君子は暗愚で臣下はこびへつらい、国が乱れ道が行われていない時は、それでも行動だけは変わらず遠慮なくやらないといけないが、言葉はやわらかくする。(そうでないと聞き入れられないばかりか、余計な怨みを買うことになるから)

語句

■危(はげ)しい 遠慮なくズバリと言ったり行動したりする。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>