徳ある者は必らず言あり。言ある者は必らずしも徳あらず

子曰、有徳者必有言、有言者不必有徳、仁者必有勇、勇者不必有仁、

子の曰わく、徳ある者は必らず言あり。言ある者は必らずしも徳あらず。仁者は必らず勇あり。勇者は必らずしも仁あらず。

現代語訳

先生がおっしゃった。徳のある者は必ずよい発言をする。(内面の徳が言葉となって表に出るからである)。しかしよい発言をする者が必ずしも徳のある者とは限らない。(口先ばかり達者な者かもしれない)また、仁ある者は(その仁を勇敢に実行しようとして迷いが無いから)勇敢になる。しかし勇敢な者が必ずしも仁ある者とは限らない。(単に血気さかんなだけかもしれない)表面だけを見ていては、わからない。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>