善き者はこれを好し、其の善ならざる者はこれを悪まんには如かざるなり

子貢問曰、郷人皆好之、何如、子曰、未可也、郷人皆惡之、何如、子曰、未可也、不如郷人之善者好之、其不善者惡之、

子貢問いて曰わく、郷人皆なこれを好(よみ)せば何如。子の曰わく、未だ可ならざるなり。郷人皆なこれを悪(にく)まば何如。子の曰わく、未だ可ならざるなり。郷人の善き者はこれを好し、其の善ならざる者はこれを悪まんには如かざるなり。

現代語訳

子貢が質問して言った。土地の人がある人を全員が好めばどうでしょうか(そういう人は仁と言えるでしょうか)。

先生がおっしゃった。「まだ十分とはいえない」

「土地の人がみなその人を憎めば、どうでしょうか」

先生がおっしゃった。「まだ十分とはいえない。土地にいる善い者は彼を好み、悪い者は彼を憎むならば、それ以上のことは無い」

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>