中行を得てこれに与せずんば、必らずや狂狷か

子曰、不得中行而與之、必也狂狷乎、狂者進取、狷者有所不爲也、

子の曰わく、中行を得てこれに与(くみ)せずんば、必らずや狂狷か。狂者は進みて取り、狷者は為さざる所あり。

現代語訳

先生がおっしゃった。私は中庸を行う人を見つけてその人に教えたいが、もしそれが叶わないなら、せめて志が高すぎる人か、控えめすぎる人を求めたい。志が高すぎる人は積極的に進んで取りに来るし、控えめすぎる人は少なくとも不善を為すことは無いだろうから。

語句

■中行 中庸を行う者。 ■これに与す 道を伝える。交際する。 ■狂者 志が高い人。 ■狷者 控え目でつつましい人。 ■為さざる所あり 不善を行わない。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>