樊遅、仁を問う

樊遅問仁、子曰、居處恭、執事敬、與人忠、雖之夷狄、不可棄也、

樊遅、仁を問う。子の曰わく、居処は恭に、事を執りて敬に、人に交わりて忠なること、夷狄に之くと雖ども、棄つべからざるなり。

現代語訳

樊遅が仁について質問した。先生がおっしゃった。家にいる時はうやうやしく、仕事をする時は一心に怠らず、また慎重に取り組み、人との交わりは真心を持って。こういうとは、たとえ野蛮人の国のような文化の低い所に行ったとしても、棄ててはならない。

語句

■居処 家にいること。 ■恭 うやうやしいこと。 ■事を執る 仕事をする。 ■敬 一心に仕事をして怠たらず、慎重にやること。 ■忠 真心があること。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>