速かならんと欲すること無かれ。小利を見ること無かれ

子夏爲莒父宰、問政、子曰、無欲速、無見小利、欲速則不達、見小利則大事不成、

子夏、莒父(きょほ)の宰と為りて、政を問う。子の曰わく、速かならんと欲すること無かれ。小利を見ること無かれ。速かならんと欲すれば則ち達せず。小利を見れば則ち大事成らず。

現代語訳

子夏が魯の町キョホの代官となった時、政治について質問した。先生がおっしゃった。「急いで事を成し遂げようとするな。小さな利益にこだわるな。急いで事を成し遂げようとすれば、目的に達することができない。小さな利益にこだわると大きな事は成し遂げられない。

語句

■莒父(きょほ) 魯の町の名。 ■宰 代官。 ■達せず 目的を達成できない。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>