回や其れ庶きか

子曰、回也其庶乎、屢空、賜不受命、而貨殖焉、億則屢中、

子の曰わく、回や其れ庶(ちか)きか、屢(しばしば)空し。賜(し)は命を受けずして貨殖(かしょく)す。億(おもんぱか)れば則ち屢(しばしば)中(あた)る。

現代語訳

先生がおっしゃった。顔回は道に近いね。道を楽しみ貧乏を物ともしないので、しばしば米櫃が空になるくらい貧乏している。子貢は天命に安んじないで自分から動いて財産を増やそうとする。予想すればよく当たる。

語句

■庶し 道に近い。 ■空し 貧乏する。 ■貨殖 財産をふやす。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>