子張、善人の道を問う

張問善人之道、子曰、不踐迹、亦不入於室、

子張、善人の道を問う。子の曰わく、迹(あと)を踐(ふ)まず、亦た室に入らず。

現代語訳

子張が善人…生まれながら道を行うのによい素質を持ちながら、いまだ学んではいない人について質問した。先生がおっしゃった。なにしろ素質があるのだから、道からそう外れたことはしないだろう。しかし過去のすぐれた先人たちの教えをまだ学んでいないのだから、素質があるだけでは、より高い段階に進むことはできない。

語句

■善人 よい素質を持ちながら、いまだ学んでいない人。 ■迹(あと)を踐(ふ)まず 過去の賢人たちが切り開いた道をふまない。 ■室に入らず 奥義に達していない。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>