車に升(のぼ)りては

升車必正立執綏、車中不内顧、不疾言、不親指、

車に升(のぼ)りては、必らず正しく立ちて綏(すい)を執(と)る。車の中にして内顧せず、疾言せず、親指(しんし)せず。

現代語訳

車に乗っては必ず正しく立って引き縄を握る。車の中で左右に頭を動かして見ない。大声でしゃべらない。直接、人を指ささない。

語句

■綏 車の中のひきなわ。衝撃から身を守るために、つかまる縄。 ■内顧 首を左右に動かして見ること。 ■疾言 大声でしゃべること。 ■親指 直接指さすこと。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>