色みて斯(ここ)に挙(あが)り

色斯舉矣、翔而後集、曰、山梁雌雉、時哉時哉、子路共之、三嗅而作、

色みて斯(ここ)に挙(あが)り、翔りて而して後に集(とど)まる。曰わく、山梁(さんりょう)の雌雉(しち)、時なるかな、時なるかな。子路これに共(むか)ふ。三たび嗅きて作つ。

現代語訳

人の顔色が悪いのを見てぱっと舞い上がり、飛び回った後すっと降り立つ。先生がおっしゃった。「山の橋の雌の記事は、飛ぶも降り立つも、時にかなっているねえ。時にかなっているねえ」

子路が先生の言葉の意味を解しないまま、雌雉を捕えようとすると、三たびさえずって飛び立った。

語句

■色みて 人の顔色の悪いのを見て。 ■山梁 山の橋。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>