斉すれば必らず明衣あり

齊必有明衣、布、齊必變食、居必遷坐、

斉(ものいみ)すれば必らず明衣(めいい)あり、布なり。斉すれば必らず食を変じ、居は必らず座を遷す。

現代語訳

神を祭るために身を清める「ものいみ」では、必ずものいみ用の衣を着て、その衣は布製の質素なものとする。ものいみとなると、必ず普段とは違う質素な食事をし、必ず住まいも移る。

語句

■斉 ものいみ。神を祭るためのみそぎ。身を清めること。 ■明衣 ものいみ用の衣。 ■布

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>