唐棣の華、偏として其れ返せり

唐棣之華、偏其反而、豈不爾思、室是遠而、子曰、未之思也夫、何遠之有、

唐棣(とうてい)の華、偏として其れ返せり。豈に爾(なんじ)を思わざらんや。室是れ遠ければなり。子の曰わく、未だこれを思わざるなり。夫(そ)れ何の遠きことかこれ有らん。

現代語訳

「スモモの花がひらひらと舞い散る中、あなたを思っています。でも住んでいる家が遠すぎて、私の思いは届かず、貴方にお会いできないのです」と、古い歌にあるが、先生がこの歌についておっしゃった。「こんなのは、まだ思いが足りないだけなのだ。本当に相手のことを思えば、何の遠いことがあるものか。(同じように、仁も強く求めれば得られないことは無い。求める思いが足りないだけである)

語句

■唐棣の華 スモモの花。 「~室是れ遠ければなり」までが詩の文句。この詩は『詩経』に無い逸詩(古代の歌謡)。 ■偏として其れ返せり 「偏」も「返」もひるがえること。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>