君子これに居らば、何の陋しきことかこれ有らん

子欲居九夷、或曰陋如之何、子曰、君子居之、何陋之有、

子、九夷(きゅうい)に居らんと欲す。或るひとの曰わく、陋(いや)しきことこれを如何せん。子の曰わく、君子これに居らば、何の陋しきことかこれ有らん。

現代語訳

先生は、中国で道が行われないので、いっそ東方の異民族の国に行こうとされた。ある人が言った。「風俗の卑しい土地です。そんな所へ行ってどうするつもりですか」先生がおっしゃった。「君子がそこに居れば、何の卑しいことがあろうか(君子が周りを感化してしまうので、賤しい土地でも礼を知るようになる)」

語句

■九夷 東方の異民族。九種類あったので「九夷」という。 ■陋しい 風俗が中国と比べて卑しい。 

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>