これを沽らんかな

子貢曰、有美玉於斯、韞匵而藏諸、求善賈而沽諸、子曰、沽之哉、沽之哉、我待賈者也、

子貢が曰わく、斯(ここ)に美玉あり、匵(ひつ)に韞めて諸(こ)れを蔵せんか、善賈(ぜんこ)を求めて諸れを沽(う)らんか。子の曰わく、これを沽らんかな、これを沽らんかな。我れは賈を待つ者なり。

現代語訳

子貢が言った。ここに美しい玉があります。櫃に収めてこれをしまっておきましょうか。よい買い手を求めてこれを売りましょうか。先生がおっしゃった。これを売ろうよ。これを売ろうよ。私は、買い手を待っている者なのだ。

語句

■美玉 孔子の道徳・才能のたとえ。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>