子、斉衰の者と冕衣裳の者と瞽者とを見れば

子見齊衰者、冕衣裳者、與瞽者、見之雖少必作、過之必趨、

子、斉衰(しさい)の者と冕衣裳(べんいしょう)の者と瞽者(こしゃ)とを見れば、これを見ては少(わか)しと雖ども必らず作(た)ち、これを過ぐれば必らず趨(はし)る。

現代語訳

先生は、喪服を着ている者と貴人の礼服を着ている者と盲人とを見れば、相手が年少者でも立ち上がって礼をし、通り過ぎる時は必ず小走りになって、敬意を表した。

語句

■斉衰の者 喪服を着ている者。 ■冕衣裳の者 貴人の礼服を着けた者。冕は冠。衣は上半身に着るもの。裳は下半身に着るもの。 ■瞽者 盲人。 ■趨る 小走りに行くこと。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>