鳳鳥至らず、河、図を出ださず

子曰、鳳鳥不至、河不出圖、吾已矣夫、

子の曰わく、鳳鳥至らず、河(か)、図(と)を出(い)ださず。吾れ已んぬるかな。

現代語訳

先生がおっしゃった。古代の王・舜の時は鳳凰が舞ったし、周の文王の時は都のそばの岐山では鳳凰が鳴いた。古代の王・伏羲の時は、黄河から竜馬があらわれ、その背中に八卦図を描いた木版図を背負っていたという。しかし今や鳳凰は飛んでこないし、黄河から木版図を背負った竜馬は出てこない。徳の高い君主があらわれる時はそういう瑞兆があるものだが、今やそんな瑞兆はまったくないので、徳の高い君主は、あらわれないということだ。ならば私が用いられることも無い。私はおしまいだ。

語句

■鳳鳥 鳳凰。古代の王・舜の時には鳳凰が舞い、周の文王の時は都のそばの岐山で鳴いた。 ■河図 古代の王・伏羲の時、黄河から竜馬があらわれ、その背中に木版図を背負っていた。そこには易の八卦図が描かれていたという。理想的な君主があらわれた、しるし。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>