以て六尺の孤を託すべく、以て百里の命を寄すべく

曾子曰、可以託六尺之孤、可以寄百里之命、臨大節而不可奪也、君子人與、君子人也、

曾子の曰わく、以て六尺(りくせき)の孤(こ)を託すべく、以て百里の命を寄すべく、大節に臨んで奪うべからず。君子人(くんしじん)か、君子人なり。

現代語訳

曾子が言った。諸侯から幼少の君を託されてよくその補佐を努め、諸侯の国家の政令を任せられて万民に政令を下し、大事にあっても節操を失わない。こういう人は君子だろうか。もちろん君子である。

語句

■以て~べし ~できる。 ■六尺の孤 一尺は二歳半。15歳の父を失った君。幼少の君。 ■百里の命 諸侯の国家の政令。 ■寄する 任せる。 ■大節 大事。 ■君子人 君子。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>