能を以て不能に問い、多きを以て寡なきに問い

曾子曰、以能問於不能、以多問於寡、有若無、實若虚、犯而不校、昔者吾友、嘗從事於斯矣、

曾子の曰わく、能を以て不能に問い、多きを以て寡(すく)なきに問い、有れども無きが若(ごと)く、犯されて校(むく)いず。昔者(むかし)、吾が友、嘗(かつ)て斯(ここ)に従事せり。

現代語訳

曾子が言った。才能があるのにまだまだ足りないと考えて才能が無い者にも尋ね、多くの知識を持っているのに、まだ足りないと考えて知識の少ない者にも尋ね、徳が満ち足りているのにまだ足りないと見て徳の無い者にも尋ね、害を及ぼされても反撃しない。昔、私の友にそのように勤め行った者がいた。

語句

■問う 質問する。たずねる。 ■犯す 害を受ける。 ■校いる 仕返しをすること。 ■吾が友 一説に顔回のこと。 ■従事 勤め行うこと。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>