憤せずんば啓せず

子曰、不憤不啓、不非不発、挙一偶不以三隅反、則不復也、

子の曰わく、
憤せずんば啓せず。
非せずんば発せず。
一隅を挙げてこれに示し、
三隅を以て返えらざれば、
則ち復たせざるなり。

現代語訳

先生がおっしゃった。
わかりたくてわかりたくて
悶え苦しんでいるようでなければ
こちらから指導はしない。

理解したことを言葉にしたくて、
でもできなくて、
もがき苦しんでいるようでなければ、
こちらからは教えない。

一つ教えると三倍の質問や疑問が
返ってくるようでなければ、
再びは教えない。

語句

■憤する わかりたいがわからずに悶え苦しむ。 ■非する 理解したことを言葉にするができなくて、もがき苦しむ。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>