喪ある者の側らに食すれば、未だ嘗て飽かざるなり

子食於有喪者之側、未嘗飽也、子於是日也哭、則不歌、

子、喪ある者の側らに食すれば、
未だ嘗て飽かざるなり。

子、是の日に於いて哭すれば、
則ち歌わず。

現代語訳

先生は、親類を喪った人のそばで食事する時には
腹いっぱいは召し上がらなかった。

葬式で声を上げて泣いたその同じ日には、
歌わなかった。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>