徳の脩めざる、学の講ぜざる、

子曰、徳之不脩、學之不講、聞義不能徙、不善不能改、是吾憂也、

子の曰わく、
徳の脩(おさ)めざる、学の講ぜざる、
義を聞きて徙(うつ)る能(あた)わざる、
不善の改むる能わざる、
是(これ)吾が憂いなり。

現代語訳

先生がおっしゃった。
道徳から外れる、学問を習わない、
正しいとわかっているのに行動しない、
欠点を改めない、
こんな者になるのが、私の心配事だ。

語句

■徳 仁義礼智の徳 ■修める 徳を全うすること。 ■学 詩書礼学のたぐい。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>