巧言令色、足恭なるは、左丘明これを恥ず

子曰、巧言令色足恭、左丘明恥之、丘亦恥之、匿怨而友其人、左丘明恥之、丘亦恥之、

子の曰わく、巧言令色、足恭(すうきょう)なるは、左丘明これを恥ず、丘も亦たこれを恥ず。怨みを匿して其の人を友とするは、左丘明これを恥ず、丘も亦たこれを恥ず。

現代語訳

先生がおっしゃった。口先が達者で見てくれがよく、うやうやしさが過ぎるのは、古の賢人左丘明は恥とした。私もこれを恥とする。恨みを隠してその人を友とするのは、左丘明は恥とした。私もこれを恥とする。

語句

■巧言令色 口先が達者で見てくれがいいこと。 ■足恭 うやうやしさが過ぎること。「足」は過ぎる。 ■左丘明 古の賢人。一説に『春秋左伝』の作者というが詳細不明。 ■丘 孔子の名。 

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>