吾れ斯れをこれ未だ信ずること能わず

子使漆彫開仕、對曰、吾斯之未能信、子説、

子、漆彫開(しつちょうかい)をして仕えしむ。対(こた)えて曰わく、吾れ斯れをこれ未だ信ずること能わず。子説(よろこ)ぶ。

現代語訳

先生が漆彫開を任官させようとなさった。漆彫開がこれに答えて言うことに、私はまだ修行中で自分の徳や学問を信じることができません。先生は、漆彫開の向学心の高いことを喜ばれた。

語句

■漆彫開 孔子の門人。姓が漆彫。名が啓。字が子若。■仕えしむ 任官させる。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>