父母に事うるには幾くに諌め…

子曰、見賢思齊焉、見不賢而内自省也、

子の曰わく、
父母に事うるには幾くに諌め、志(し)の従わざるを見ては、又た敬して違わず。
労して怨みず。

現代語訳

先生がおっしゃった。
父母に仕えてその悪い所を見つけた時には、穏やかに諌める。
もし聞き入れられないとしても、さらに慎み深くして反論しない。
苦労なことだが、恨みには思わないことだ。

語句

■幾くに諌め おだやかに諌めること。 ■労 苦労。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>