仁者は仁に安んじ、知者は仁を利とす

子曰、不仁者、不可以久處約、不可以長處樂、仁者安仁、知者利仁、

子の曰わく、不仁者は以て久しく約に処るべからず。以て長く楽しきに処るべからず。仁者は仁に安んじ、知者は仁を利とす。

現代語訳

先生がおっしゃった。仁の無い者は、長い間貧乏していると心がすさみ賤しくなる。また、長く富んでいるとおごりたかぶる。なので仁の無い者は長く貧乏すべきではないし、長く富むべきでもない。一方仁のある者は仁の中にあって安定しているし、知恵のある者は仁の利点を知って利用しようとする。だから、仁のある者は長い間貧乏しても長い間富んでいても、どちらも、大丈夫だ。

語句

■約 貧しい状態。 ■楽 富んでいる状態。 ■仁を利す 仁を良いものと知って利用しようとする。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>