仁に里(お)るを美(よ)しと為す

子曰、里仁為美、択不処仁、焉得知、

子の曰わく、
仁に里(お)るを美(よ)しと為す。
択んで仁に処らずんば、
焉んぞ知なることを得ん。

または、

子の曰わく、
里は仁を美と為す。
択んで仁に処らずんば、
焉んぞ知なることを得ん。

現代語訳

先生がおっしゃった。
「仁(思いやりの心)から離れないのが、
よいことなのです。

あれこれ道に迷って結局
仁から離れるのでは、
どうしてそういう者を智者といえよう」

または、

先生がおっしゃった。
「村落は仁のある人が多いところがいい。
そういう村落を選んで住まないなら、
どうしてそういう者を智者といえよう」

語句

■里 古代中国では二十五戸を里とした。「里(お)る」とするのは荻生徂徠の説。 ■択ぶ 主体的に選ぶ。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>