咨、爾舜、天の暦数、爾の躬に在り

堯曰、咨爾舜、天之暦數在爾躬、允執其中、四海困窮、天禄永終、舜亦以命禹、曰、予小子履、敢用玄牡、敢昭告于皇皇后帝、有罪不敢赦、帝臣不蔽、簡在帝心、朕躬有罪、無以萬方、萬方有罪、罪在朕躬、
周有大賚、善人是富、雖有周親、不如仁人、百姓有過、在予一人、

堯の曰わく、咨(ああ)、爾(なんじ)舜(しゅん)、天の暦数、爾の躬(み)に在り。允(まこと)に其の中(ちゅう)を執(と)れ。四海困窮。天禄永く終えん。舜も亦(ま)た以て禹に命ず。

湯曰わく、予(わ)れ小子履(しょうしり)、敢え玄牡(げんぼ)を用(もっ)て、敢えて昭(あきら)かに皇皇后帝(こうこうこうてい)に告(もう)す。罪あるは敢えて赦さず、帝臣蔽(かく)さず、簡(えら)ぶこと帝の心に在り。朕(わ)が躬(み)罪あらば、万方を以てすること無けん。万方罪あらば、罪は朕(わ)が躬(み)に在らん。

周に大賚(たいらい)あり、善人是れ富む。周親ありと雖ども仁人に如かず。百姓(ひゃくせい)過ち有らば予(わ)れ一人に在らん。

現代語訳

堯が言った。「ああ汝、舜。天のめぐる運命は、お前の身の上にある。まことに過不足なく、中庸の道を心がけよ。さもなくば世界中が困窮し天の恵みは永く絶えるであろう。舜もまた自分の跡を継いだ禹に同じことを命じた。

(禹の跡を継いだ桀が無道であったため、殷の湯王に滅ぼされた。湯王は諸侯に向かって言った)

「ふつつか者である私・覆(り)は、あえて黒い牡牛を生贄にささげて、あえてはっきりと、天帝に申し上げます。夏の桀王は無道であったため私が滅ぼしました。罪ある桀王のことを、あえて許すことをしません。天帝の臣下である天下の賢人たちを覆い隠さず、天帝の心の御心のままに選びましょう」

「私の身に罪があれば、天下万民をその罪のために罰しないでください。私の罪は私だけの罪ですから、私一人を罰してください。もし天下万民に罪があれば、それは為政者たる私の徳の至らないせいです。どうかその時は私一人を罰してください」

殷の湯王の跡を継いだ紂王は暴虐であった。そのため周の武王に滅ぼされた。

周の武王は財産や食糧を天下の人々に施した。特に善人に篤く施した。武王が紂王を討つ時、軍隊に号令して言った。「殷の紂王には至って親しい者が多いが、わが周の人民が仁に篤いことには及ばない。だから殷を攻めれば必ず勝てる。天下万民に過ちがあれば、責めは私の身一つの上にある」

語句

■堯 堯→舜→禹と譲位した。禹が夏王朝を開く。禹の後の桀が無道であったので殷の湯に滅ぼされた。■天の暦数 天のめぐる運命。帝王が即位する順番。 ■中を執れ 中庸の道をとれ。 ■天禄 天の恵み。 ■終える 絶える。 ■湯 殷の湯。無道であった夏の桀王を倒して天子となった。 ■小子履(しょうしり) ふつつか者である私・履。「履」は湯王の名。 ■玄牡(げんぼ) 黒い牡牛。「玄」は黒。 ■皇皇后帝(こうこうこうてい) 天にまします天帝。 ■罪ある 夏の桀王のこと。 ■帝臣 天帝の臣下である天下の賢人たち。 ■蔽(かく)す 覆い隠す。 ■万方 天下の諸国。 ■大賚(たいらい) 周の武王が財産や食糧を天下に施したこと。 ■善人是れ富む 周の武王が財産や食糧を天下に施した時、特に善人に篤く施したこと。 ■周親 至って親しいこと。

前の章「夫子の及ぶべからざるや、猶お天の階して升るべからざるがごときなり」|次の章「権量を謹しみ、法度を審かにし

現代語訳・朗読:左大臣光永