子貢、友を問う

子貢問友、子曰、忠告而善道之、不可則止、毋自辱焉、

子貢、友を問う。子の曰わく、忠告して善を以てこれを道びく。不可なれば則ち止む。自ら辱めらるること無かれ。

現代語訳

子貢が友との付き合いについて質問した。先生がおっしゃった。忠告すべき時は善意を尽くして忠告する。その忠告が聞かれなければ、やめる。相手に聞く気が無いのに言い続けて、うっとうしいと思われたり、自ら辱められることの無いように。

前の章「直きを挙げて諸(こ)れを枉(まが)れるに錯(お)けば、能く枉(まが)れる者をして直からしめん」|次の章「君子は文を以て友を会し、友を以て仁を輔く

現代語訳・朗読:左大臣光永