巧言令色、足恭なるは、左丘明これを恥ず

子曰、巧言令色足恭、左丘明恥之、丘亦恥之、匿怨而友其人、左丘明恥之、丘亦恥之、

子の曰わく、巧言令色、足恭(すうきょう)なるは、左丘明これを恥ず、丘も亦たこれを恥ず。怨みを匿して其の人を友とするは、左丘明これを恥ず、丘も亦たこれを恥ず。

現代語訳

先生がおっしゃった。口先が達者で見てくれがよく、うやうやしさが過ぎるのは、古の賢人左丘明は恥とした。私もこれを恥とする。恨みを隠してその人を友とするのは、左丘明は恥とした。私もこれを恥とする。

語句

■巧言令色 口先が達者で見てくれがいいこと。 ■足恭 うやうやしさが過ぎること。「足」は過ぎる。 ■左丘明 古の賢人。一説に『春秋左伝』の作者というが詳細不明。 ■丘 孔子の名。 

前の章「孰(たれ)か微生高(びせいこう)を直なりと謂う」|次の章「老者はこれを安んじ、朋友はこれを信じ、少者はこれを懐けん

現代語訳・朗読:左大臣光永