三年、父の道を改むること無きを、孝と謂ふべし

子曰、父在観其志、父没観其行、三年無改於父之道、可謂孝矣、

子の曰わく、
父在せば其の志しを観、
父没すれば其の行いを観る。

三年、父の道を改むること無きを、
孝と謂ふべし。

現代語訳

父親が存命の時はその志を観察し、
亡くなった後はその生前の行いを観察する。

亡くなってから三年の間は、
父親のやり方を改めない。

こういうのを、孝というのだ。

学而篇11に既出。

前の章「父母在せば遠く遊ばず」|次の章「父母の年は知らざるべからず

現代語訳・朗読:左大臣光永