能く礼譲を以て国を為めずんば、礼を如何

子曰、能以禮讓爲國乎、何有、不能以禮讓爲國、如禮何、

子の曰わく、能く礼譲を以て国を為(おさ)めんか、何か有らん。能く礼譲を以て国を為めずんば、礼を如何。

現代語訳

先生がおっしゃった。よく譲り合いの心をもって国を治めるならば、どうして治められないことがあろうか。よく譲り合いの心をもって国を治めないならば、たとえ礼があっても、何になるだろう。何にもならない。

語句

■礼譲 譲り合いの心。「譲」は「礼」の根本となるもの。 ■礼 上下の礼。

前の章「利に放りて行なえば、怨み多し」|次の章「位なきことを患えず

現代語訳・朗読:左大臣光永