位なきことを患えず

【古典・歴史】メールマガジンはこちら

子曰、不患無位、患所以立、不患莫己知、求為可知也、

子の曰わく、
位なきことを患えず、
立つ所以を患う。

己れを知ること莫きを患えず、
知らるべきことを為すを求む。

現代語訳

先生がおっしゃった。
「地位が無いことなんか気にしてはならない。
地位を得るための正しい方法をこそ気にしなさい。

世の中に認められないことなど、
気にしてはならない。

認められるだけの仕事をする。
ただそれだけに努めるのだ」

語句

■立つ所以 その位に立つに値するだけの学問や道徳。

【古典・歴史】メールマガジンはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>