君、臣を使うに礼を以てし、臣、君に事うるに忠を以てす

定公問、君使臣、臣事君、如之何、孔子對曰、君使臣以禮、臣事君以忠、

定公問う、君、臣を使い、臣、君に事(つか)うること、これを如何(いかん)。孔子対(こた)えて曰わく、君、臣を使うに礼を以てし、臣、君に事うるに忠を以てす。

現代語訳

魯の君定公が質問した。「君が臣下を使い、臣下が君に仕えるには、どうしたらいいだろうか」

孔子は答えておっしゃった。「君が臣下を使うには礼をもってし、臣下が君に仕えるには忠(誠実さ)をもってすることです」

語句

■定公 魯の君。哀公の前主。名は宋。昭公の弟。

前の章「君に事うるに礼を尽くせば」|次の章「關雎は楽しみて淫せず

現代語訳・朗読:左大臣光永