遠きを致さんには泥まんことを恐る

子夏曰、雖小道、必有可觀者焉、致遠恐泥、是以君子不爲也、

子夏が曰わく、小道と雖ども必らず観るべき者あり。遠きを致さんには泥(なず)まんことを恐る、是を以て君子は為さざるなり。

現代語訳

子夏が言った。一芸一技というこまごました能力・技能にも必ず天下の大道に通じる、見るべき所はある。しかし、そういう芸一技というこまごました能力・技能から出発して天下の大道にまで押し進めるのは、ひっかかりになって(途中で挫折する)心配がある。それだから、君子は一芸一技というこまごました能力・技能は学ばないのだ。天下を治める、大きな道だけを学ぶのだ。

語句

■小道 一芸一技の、こまごまとした技能。 ■遠きを致す 押し広めて天下国家の大事業に至らしめる。 ■泥(なず)む ひっかかりとなる。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>