斉人、女楽を帰る

齊人歸女樂、季桓子受之、三日不朝、孔子行、

斉人、女楽(じょがく)を帰(おく)る。季桓子(きかんし)これを受く。三日朝せず。孔子行(さ)る。

現代語訳

魯の定公の十四年、孔子が魯の宰相となり魯の国政はさかんになった。隣国の斉はこのままでは魯がますます盛んになり、斉が併呑されてしまうと恐れて、魯公を堕落させるために美女の楽団を送った。この時魯の国政は季桓子が取り仕切っていたが、季桓子は魯公に美女をすすめ、自分も女色にふけり、三日の間君臣共に朝廷に出てこなかった。それで孔子は共に道をめざすことはできないと判断して、ついに魯を去ったのである。

語句

■女楽(じょがく) 美女ばかりから成る楽団。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>