斉の景公、孔子を待つに曰わく

齊景公待孔子曰、若季氏、則吾不能、以季孟之間待之、曰、吾老矣、不能用也、孔子行、

斉の景公、孔子を待つに曰わく、季氏の若(ごと)きは則ち吾れ能(あた)わず。季孟の間を以てこれを待たん。曰わく、吾れ老いたり、用うること能わざるなり。孔子行(さ)る。

現代語訳

斉の景公が孔子の待遇について話して言った。「魯の上卿・季氏のようには私は待遇をする権限が無い。上卿の季氏と下卿の孟氏との中間の待遇にしよう」

それからまた言った。「私は老いた。孔子を用いることはできない」

それで孔子は斉から立ち去った。

語句

■待つ 待遇 ■季氏 魯の三卿(季孫・淑孫・孟孫)。 ■季孟の間 上卿の季氏と下卿の孟子との中間の待遇。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>